ビワマスは琵琶湖に生息する固有種の淡水魚です。
鮭と同じように母川回帰本能をもつ為、琵琶湖周辺の河川で負荷し、琵琶湖へ降り、琵琶湖を海として育ち、やがて生まれた川に遡上し産卵します。
また、漁獲量が不安定で、希少な為高級魚とされています。
上品な甘みがあり、豊潤な身のビワマスをどうぞお楽しみ下さい。

 

江戸時代~明治時代にかけて、北前船を利用し、北海道から運ばれてきた昆布や身がきにしん等は若狭湾で水揚げされ、琵琶湖を使用した水運や、滋賀県を通る陸路で京都、大阪へ運ばれていました。
その為、滋賀県では昆布や、身がきにしんが多く消費され、様々な加工技術も発達致しました。